氷河期男の咆哮

ロストジェネレーションサラリーマンがお送りする育児、書評、時事情報です。

外国の書籍

【書評】CHAVS(チャヴ) 弱者を敵視する社会

392P 著者 ジョージ・オーウェル 読みやすさ ★★★ 「チャヴ」とは下流階級労働者を侮辱する言葉。本書は本国イギリスでは14万部のベストセラーとなり、世界各国に翻訳されています。 原題で出版された時期は2011年。なぜ6年も経った2017年に邦訳されたかとい…

【書評】月明かりの男

362P 著者 ヘレンマクロイ 読みやすさ ★★★★★ 舞台はニューヨーク。大学の研究所で殺害された教授。銃身はあるのに、銃弾が見つからない。逃走する犯人を目撃した人間が3人いたが、証言がすべて食い違っている。その謎に挑むのは警察お抱えの精神科医ウイリン…

【書評】潜入 モサド・エージェント

399P 著者 エフタ・ライチャー・アテル 読みやすさ ★★★ 2018年3月、ロシア人の元スパイがイギリスで殺されるという事件がありました。まさしくこの本のことじゃないか。 なぜ引退したスパイが殺されるのか。浮気相手と仲違いしたときを想像してください。そ…

コピーライト by 氷河期男の咆哮